アラフォー世代が気を付けたいファッションポイントとは


カジュアルすぎないようにする

年を重ねてきたアラフォー世代がカジュアルすぎる格好だと、安っぽくみえたりだらしなく見えたりしてしまいます。10代20代の若い世代はTシャツにジーパン、スニーカーのようなカジュアルな格好でも決まりますが、大人の女性であるアラフォー世代はTシャツとジーパンでも足元はパンプスを合わせたり、アクセサリーや時計などの小物は高級感のあるものを身に着けるようにすると大人カジュアルなコーディネートになりますよ。

清潔感のあるファッションを意識する

大人の女性なのにだらしない、なんて思われないように清潔感のあるファッションを心掛けましょう。シワがないか、毛玉がついていないかなどチェックしてくださいね。

若い世代だと格好良く決まるダメージ加工されたファッションも、アラフォー世代が着るとだらしなく見えてしまうこともあるので注意が必要ですよ。

肌の露出をし過ぎないようにしよう

20代の頃とスタイルが変わっていないからと、ミニスカートやノースリーブの服を選ぶ方もいますが、肌のハリやシワなどはやはり若い頃とは違います。二の腕がたるんでいたり、肘や膝のシワが見えることでかえって老けて見えることもあります。肌の露出は控えめにするようにする方がいいですね。

ガーリー過ぎるファッションは注意

いくつになっても可愛らしいファッションが好きな方は多いと思いますが、フリルがふんだんに使われていたり全体をピンクなど可愛らしい色でまとめたりすることは、避けた方が良いでしょう。大人世代であるフラフォーには、少し甘すぎる雰囲気になってしまいます。

小花柄や水玉柄の服なら黒やネイビーなど落ち着いた色を選んだり、ライダースジャケットなどハードなアイテムと合わせるなど、甘くなりすぎないコーディネートを意識しましょう。

すね毛の脱毛を行うことで「清潔感」や「快適性」を得ることができます。ある程度の期間は必要ですが、毎回剃ったり抜いたりして肌を傷つけるよりも遥かにメリットが大きいです。